The基礎練ですね。

これをやってなんの意味があるのおー!!

って言いたくなるときありますよね。

でも実は大いに意味があります。

今回はJB風なファンキービートを例に説明してみたいと思います。

2、4拍のスネアだけ大きく打って、かっこで囲んだスネアは小さく打ちます。

 

 

まずはこちら(アクセントなし)

 次はこちら(アクセントあり)

どうでしょうか、好みはあると思いますが、雰囲気はだいぶ違うのがわかると思います。

 

このように、普通のビートの中でもアクセントの使い方はとても重要な要素になります。

今回は左手だけの変化でしたが、もっと詳しく知りたい方はレッスンでお会いしましょう!