少しドラムが上達してくると、ベースと合わせる楽しみが出てきます。

キリッとしたサウンドになって楽しいですよね。

しかし、あえて合わせない楽しみ方もあります。

今回はその違いを感じてみましょう。

 

まずはドラムの入ってない音源です。

 

次はひとまずシンプルなバスドラムを入れてみます。

良い感じです。

 

次はバスドラムをベースに合わせてみます。

良い感じですね。

引き締まった感じです。

 

では次はあえて合わせないパターンです。

良い感じですね 笑

全部良い感じに聞こえます 笑

 

という具合に、ベースのパターンとバスドラムのパターンは別にきっちり合わせる必要は特にありません。

他の楽器のフレーズはちゃんと聴きつつ、また違った角度からアンサンブルを考えてみると、より自由で生き生きしたサウンドになることが多いです。

色んなパターンをつけてみると楽しいので、是非試してみてください。

 

 

今回はベースとドラムで説明しましたが、他の楽器との兼ね合いでまた色々なアンサンブルの仕方があります。

また詳しくはレッスンで!